仕事の疲労回復

残業が続いていたり、熱帯夜で眠れず睡眠不足だったり、ストレスがたまり精神的にダメージを受けていたり、大人の生活には疲労を感じることが多くあります。
そんな時ありがたいのがエナジードリンクです。
コンビニエンス・ストアや自動販売機で手軽に入手できますしそれほど高くない上あくまで清涼飲料のカテゴリーなので薬剤と違って摂取するのに抵抗がないのがいいです。
とは申せいいことづくめのエナジードリンクも摂取の方法に配慮して飲まないと無駄になってしまうので注意が必要です。
もったいないです。

まずはエナジードリンクを一度に大量に飲みアルギニンとビタミンを大量摂取しても同時期に体外に排出されてしまうので効率がよくないことを知っておくべきです。
時間をおいてのめばアルギニンやビタミンが長時間体内に留まるので長時間元気が継続するのです。
ストレスを抱えた人はおなかをこわしやすいので、ギンギンに冷やしたものより常温に近い物を飲んだ方が吸収がいいようです。
さてアルギニンの具体的効果ですが疲労回復のみならず筋肉がつきやすくなり、男性機能をもサポートするといいますからありがたいです。
夜の営みが予測される日にはエナジードリンクでアルギニンを摂取しておけば万全です。
ビタミンの具体的な効果については言うまでもないでしょうが、免疫力を高めたり、疾患を予防する効果や疾患からの回復を促進する効果がありますので、意識的にビタミンの摂取を心掛け、100%のコンディションで仕事に臨みたいものです。

ドリンクの空き瓶

エナジードリンクは、医薬部外品とは異なり、効果や効能の表示をしてはいけないこととなっており、効果・効能をうたえない為、「翼がはえる」「アガる」などのキャッチコピーを用いて間接的に表現をしています。
エナジードリンクを飲んだときに感じる効果のほとんどはプラシーボ効果(偽薬効果)というものであり、ドリンクを飲むと頭がスカっとしてやる気が出てくるような気がしますが、これは単に脳が騙されているだけです。
エナジードリンクの大体成分は、砂糖・カフェイン・ビタミン(ビタミンB、ビタミンB12等)・アミノ酸(アルギニン)・生薬成分で、直接効果が実感できるのは、砂糖とカフェインと砂糖の代謝に必要なビタミンB1と言われています。

エナジードリンクは、栄養ドリンクと違い、効き目が強い成分であるタウリンではなくアルギニンが入っている為、効き目が少ないです。
(日本では、清涼飲料水であるエナジードリンクにタウリンの使用が禁止されている為、代わりにアルギニンが使用されています。
)タウリンが含まれていると栄養ドリンク棚に陳列されますが、エナジードリンクはアルギニンを使用している為、一般棚への陳列が可能です。
その為、販路の拡大が可能で、普段栄養ドリンクの棚に目がいかない新たな顧客をターゲットにできます。
エナジードリンクの金額は、生薬成分によって100円~3000円まで幅広いですが、すぐに実感はできない為、単発の使用であれば安価なものでも良いでしょう。

エナジードリンクという言葉を最近耳にしますが、エネルギーを出す、元気を出すための飲み物というイメージがあり、今までドラッグストアやコンビニ等で売っている栄養ドリンクと同じというイメージがあります。
ところがエナジードリンクの自動販売機もあり、しかもその区分が日本では清涼飲料として扱われていて全く違います。
栄養ドリンクは、商品の帯にも記載のあるとおり医薬部外品という区分になり、テレビコマーシャルの謳い文句にもあるタウリンという成分も入っていますが、エナジードリンクは効き目の強いタウリンをはじめとした成分を混入することができず、成分や効能表示で制限を受けています。
一般に体調が悪い時に栄養ドリンクを飲めば元気になると考えられていますが、エナジードリンクは体調が悪い時限定ではなく元気にする飲み物という位置付けです。
日本でも発売されている商品の成分ではアルギニンやビタミンといったものが含まれているものが多いです。

アルギニンやビタミンが含まれていない商品もありますが、ただアルギニン、ビタミン、カフェインが入っているものが多く、それらの効果として眠気が覚める感じがしたりする効果が元気がでる感じになります。
また味も果実系のものが多いです。
エナジードリンクでは効果等を謳えないので間接的に表現するしかないです。
栄養ドリンクのテレビコマーシャルのようにある成分を取り上げて元気がでると感じさせる効果をつくるのであれば、エナジードリンクではアルギニンやビタミンが該当します。

グラスに注ぐとこんな色

仕事で疲れたと感じた時、テスト勉強などをまだまだ頑張りたい時、気分を変えたい時などにエナジードリンクを飲む人は多いでしょう。
しかし、具体的にどういうものなのか分かりますか。
ここではエナジードリンクについて説明ます。
初めに、エナジードリンクとは体力、持久力の補給などを目的としアルギニン、ナイアシン、ガラナ、ビタミンといった成分を含んでいます。
また皆さんお分かりの通りカフェインや糖分も含み、清涼飲料水という扱いとなります。
他の清涼飲料水に比べてカフェインの含有量が多く、超炭酸の喉越しや甘みが共通した特徴です。
次にエナジードリンクに含まれる成分について詳しくお話しします。
よく見かける成分のアルギニンとはアミノ酸の一つで成長ホルモンの分泌に大きく関係し、体内の活性化、免疫反応強化、筋肉の強化などに効果があると言われます。
つまりアルギニンとはパフォーマンスを発揮するのにもってこいな成分なのです。
続いてビタミンB群についてです。

ビタミンCはよく耳にするでしょうがエナジードリンクに多く含まれるのはビタミンB群です。
これは糖質・脂質の分解、代謝アップ、新陳代謝の促進、肌荒れ防止など特に女性に嬉しい効果があります。
最後に、エナジードリンクにも様々な種類がありアルギニン、ビタミンなどの成分の含有量が違います。
自分の目的にあったドリンクを選ぶことで、リフレッシュなどの面だけでなく、より良い効果が得られるでしょう。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

September 2014
M T W T F S S
« Aug    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930